アナル 快感

まずはお尻の構造を知っておこう(お尻の穴のパーツについて)

アナルの器官

 

まずはお尻の構造を知っておこう(お尻の穴のパーツについて)

 

本来のお尻の構造というものは、誰もが知っているものです。

 

食べたものが胃腸を通じてアナルに行き、それが排泄される仕組みです。

 

しかしながら、実際に内部構造を明確に知っている人は少ないのが事実です。

 

無理もないですね。そもそもそのまま内臓と直結しているアナルなので、直接自分で内部を覗ける機会などはないですから。

 

しかし、アナルオナニーをする上では、やはりお尻の構造は理解しておいた方が良いかもしれません。

 

まず、代表的な4つのパーツと、それとアナルとの相互関係を覚えておきましょう。

 

 

筋肉部分のお尻の谷間

 

お尻は腰骨から大腿骨に向かってついている、大臀筋という筋肉のお陰で盛り上がっています。

 

これは、足の根元を支えるという役割でもあります。

 

お尻の形もこの大臀筋に左右されていて、この筋肉が弱いと、垂れたような筋肉のお尻になります。

 

アナルの括約筋の収縮が深く関連してくるアナニーは、この大殿筋も鍛えておくことがお勧めです。

 

 

粘膜部分のお尻の穴

 

アナルの表面は粘膜で、ご存知の通り中心部分がすぼまっていているのが特徴的です。

 

そこから内部に向かって続く道も全て粘膜になっていて、性感帯が密集した敏感な部分です。

 

それゆえ、いじり続ける事で、気持良さも高まってきます。

 

 

肛門管

 

アナルの内部はすぐ直腸ではなく肛門管という部分があります。

 

この肛門管は肛門縁からお尻の穴の中にある”歯状線”まで続いていて、長さは3センチ程度。周囲の括約筋が強い締め付けを生み出す場所です。

 

普段は付随意筋によって閉じられていて、排泄時に広げられたり、アナニーをする際に外側から開けることもできます。

 

これが、医学的に「肛門」と言われてる場所で、肛門管の外側は肛門縁と同じような感覚のある粘膜で覆われているのが特徴です。

 

 

直腸

 

歯状線よりも奥にあるのが直腸で、この先を「内蔵」と言います。

 

表面を覆う膜は知覚神経しかないのですが、無感覚ではなく、圧迫による刺激などは感じる仕組みです。

 

しかし、知覚神経がないために注意しなければならないのは、例えば器具を奥まで挿れすぎて、引っ掻いて傷がついたとしても痛みを感じることがないのです。

 

ですから刺激の調整はしっかりと行なうべきポイントと言えます。

 

ちなみに、人間の身体は直腸から排泄物が降りてくることで便意を感じ、排泄が促される仕組みになっているため直腸は空洞になっています。

 

このメカニズムから、お尻の中に何かを挿入すると、「出したい」という欲求が生まれ、排泄が促されている仕組みなのです。

 

デリケートな部分であるからこそ、その構造や役割をなんとなく覚えておくだけでも、アナルオナニーを行なう上では大事な事です。

 

 


アナルの快感を生む器官をわかりやすく紹介!アナニスト必見!関連ページ

アナルの内部と構造を知ろう
正しいアナニーを行って、安心安全に楽しむために、アナルの内部と構造について詳しく説明しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
前立腺を知ろう
前立腺とは何なのか?体のどの部分にあるのか?どんな器官なのか?について図解でわかりやすく解説しています。前立腺オナニーでドライオーガズムを目指す方におススメです。
トコロテンの秘密
男のアナニーの快感の1つ。トコロテンについてわかりやすく説明しています。前立腺オナニーやアナルオナニーで射精しながら気持ち良くなりたい方は必見です。
なぜアナニーが気持ちいいの?
なぜアナニーは気持ちいいの?かという疑問について解答しています。前立腺オナニーの快感の仕組みを詳しく解説しています。アナルオナニー初心者の方や、興味がある人は必見!
アナニーに身体が順応して行く仕組み
あんなに違和感があったアナニーが今では気持ち良く感じる…。一体どうして?そんな素朴な疑問に回答しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
エナジーオルガスムとは? ※わかりやすく解説してみた
アナニーにも関係してくるエナジーオルガスムについてわかりやすく解説しています。前立腺オナニーをさらに深く追求したい方は必見です。アナルオナニー初心者の方にもおススメ。
アナニーでしてはいけない事 ※注意点、NG行為などについて
アナニーをする上で必要な知識を紹介しています。アナルの構造や、前立腺について。さらにはドライオーガズムやトコロテンの詳しい説明など。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーのリスク、危険性について
アナニーのリスク、危険性について紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニー(アナニー)でドライオーガズムを目指している人などはぜひ参考にしてみて下さい。
アナニーがやりやすい環境ってある? ※前立腺刺激に集中したい
アナニーに集中して取り組める環境について紹介しています。どのような場所や環境が前立腺刺激に意識を集中できるのか?前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーは汚い? ※アナニーをスタートする上での心構えについて
アナニーは汚い行為でしょうか?でも汚いと思えばこそ、清潔に行おうと思うものですよね。前立腺オナニーの心構えを紹介しています。アナルオナニー初心者の方にもおススメ。
アナニーで使う道具について
アナニーで使う道具を紹介しています。洗浄グッズや指サック、アナルローション、ディルド、アナルバイブ、前立腺刺激専用のバイブなど。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーはどれくらいの時間をかけるのがベスト?
アナニーって時間的にどれくらいやるものなの?という疑問に答えています。前立腺オナニーは長めにやるのか?短めにやるのか?知りたい方は必見です。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある方や初心者の方におススメ。
アナルオナニーの前の心構え
アナニー前の心構えを紹介しています。前立腺オナニーでドライオーガズムを体感したいなら、短期的ではなく長期的な目線で行うなど。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
日用品など、身近なものでアナニーのグッズを代用できる?
アナニーでアナルの中に入れるものって…他にも代用できたりするのかな?色々と調べて調査してみました。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーをした人の感想&口コミまとめ ※男のアナルオナニー
アナニーをした人の感想&口コミまとめを紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人、初心者の方などは必見です。
アナニーで肛門から血が出た場合の対処法について
アナニーで肛門から血が出た場合の対処法についてを紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!アナルの構造や、前立腺について。さらにはドライオーガズムやトコロテンの詳しい説明など。
アナニーを気持ち良くする為にPC筋(骨盤底筋)の鍛え方について
アナニーを気持ち良くする為にPC筋(骨盤底筋)の鍛え方を紹介しています。アナルの構造や、前立腺について。さらにはドライオーガズムやトコロテンの詳しい説明など。
アナニーすると肛門が緩くなって広がらない? 調査した結果
アナニーすると肛門が緩くならない?という疑問について回答しています。前立腺オナニーでドライオーガズムやトコロテンを達成したいという方は必見です。またアナルオナニー初心者の方にもおススメです。