アナニー 注意点 NG行為

アナニーでしてはいけない事について紹介しています。

 

アナニーでしてはいけない事

 

 

アナニーは、肛門と直腸を使ったオナニーなので、衛生面を第一に考え、次に裂傷を注意する必要があります。

 

以下に、アナニーでしてはいけない事をまとめましたので、アナニーをする際の参考にしてください。

 

アナニーでしてはいけない事

 

■ 肛門のサイズ以上の器具を入れてはいけない

 

■ アナルグッズ以外の物を入れてはいけない

 

■ アナルグッズ、前立腺グッズを使った後で放置しない

 

 

 

肛門のサイズ以上の器具を入れてはいけない

 

肛門は括約筋で伸縮しますが、その伸縮幅は極めて狭い範囲になっています。

 

アナニーする際は、事前に肛門をアナルプラグなどで、少しずつ拡張する必要があります。

 

これを怠って、いきなり太いアナルグッズを挿入しようとすると痛みで、入らないばかりか、無理に挿入すれば、肛門が裂傷してしまいます。

 

軽い裂傷でも、排便の度に肛門が広がってしまうので、なかなか治りません。

 

最悪の場合は、裂傷部分に大便の菌が入って炎症を起こし、慢性的な切れ痔を引き起こすこともあります。

 

こうなるとアナニーどころではなくなるので、必ずアナル拡張から始めましょう。

 

 

アナルグッズ以外の物を入れてはいけない

 

アナニーが楽しくなると、アナルグッズ以外のものを挿入したくなるものです。

 

とくに、アナルグッズがない時は手短な日用品を代用しようと考える方もいるかもしれません。

 

しかし、代用品によっては思わぬ事態を招くことがあるので、使用しない方が無難です。

 

たとえば、キュウリやナスなどは挿入にぴったりの形状をしていますが、底部がないために挿入しているうち、奥に入ってしまうと取れなくなる可能性があります。

 

アナル内を長時間圧迫すると、直腸壁の筋肉が炎症を起こしてしまい、最終的には、病院で強制的に取るような事態を引き起こすこともあります。

 

また、ボールペンなど先端が尖った物は、挿入角度を少し変えるだけで直腸壁を傷つけてしまいます。

 

直腸内には大便が残っていることが多いので、大便の雑菌が直腸壁のキズから侵入すると、直腸炎を発症させます。

 

ですので、アナニーをする時は、専門のアナルグッズ、前立腺グッズを使って安心、安全に取り組むようにしましょう。

 

 

使った後のアナルグッズを放置してはいけない

 

アナニーする時は、浣腸しておくことが前提です。

 

これを怠ると、直腸内の大便が指やグッズについてしまい、大変不衛生です。

 

浣腸しても完璧とはいえないので、アナルグッズを使用した後は、必ず洗浄するようにしましょう。

 

洗浄せずに放置したり、あるいは適当に済ませると、細部に残った雑菌が繁殖します。

 

そして、それに気がつかずアナルへ再び挿入すると、アナル内で雑菌が繁殖して、直腸炎を起こすことがあります。

 

また、汚れたままのアナルグッズを使って、雑菌が指についてしまえば、その指が他の場所、たとえばペニスを触った時、当然、ペニスにも雑菌がつき、そのせいで尿道炎を引き起こす可能性もあります。

 

ですので、アナニーで使ったアナルグッズや前立腺グッズは必ず洗浄して、清潔に保管するようにしましょう。

 

また、アナニーをし終わった後は、手をキレイに洗って、清潔に終えるようにしましょう。

 

 


アナニーでしてはいけない事 ※注意点、NG行為などについて関連ページ

アナルの内部と構造を知ろう
正しいアナニーを行って、安心安全に楽しむために、アナルの内部と構造について詳しく説明しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
前立腺を知ろう
前立腺とは何なのか?体のどの部分にあるのか?どんな器官なのか?について図解でわかりやすく解説しています。前立腺オナニーでドライオーガズムを目指す方におススメです。
トコロテンの秘密
男のアナニーの快感の1つ。トコロテンについてわかりやすく説明しています。前立腺オナニーやアナルオナニーで射精しながら気持ち良くなりたい方は必見です。
なぜアナニーが気持ちいいの?
なぜアナニーは気持ちいいの?かという疑問について解答しています。前立腺オナニーの快感の仕組みを詳しく解説しています。アナルオナニー初心者の方や、興味がある人は必見!
アナニーに身体が順応して行く仕組み
あんなに違和感があったアナニーが今では気持ち良く感じる…。一体どうして?そんな素朴な疑問に回答しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナルの快感を生む器官をわかりやすく紹介!アナニスト必見!
アナニーを刺激して得られる快感には、お尻の中の器官、肛門括約筋や肛門官などの動きが密接に関わっています。前立腺オナニーに関係のあるアナルの器官をわかりやすく解説。
エナジーオルガスムとは? ※わかりやすく解説してみた
アナニーにも関係してくるエナジーオルガスムについてわかりやすく解説しています。前立腺オナニーをさらに深く追求したい方は必見です。アナルオナニー初心者の方にもおススメ。
アナニーのリスク、危険性について
アナニーのリスク、危険性について紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニー(アナニー)でドライオーガズムを目指している人などはぜひ参考にしてみて下さい。
アナニーがやりやすい環境ってある? ※前立腺刺激に集中したい
アナニーに集中して取り組める環境について紹介しています。どのような場所や環境が前立腺刺激に意識を集中できるのか?前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーは汚い? ※アナニーをスタートする上での心構えについて
アナニーは汚い行為でしょうか?でも汚いと思えばこそ、清潔に行おうと思うものですよね。前立腺オナニーの心構えを紹介しています。アナルオナニー初心者の方にもおススメ。
アナニーで使う道具について
アナニーで使う道具を紹介しています。洗浄グッズや指サック、アナルローション、ディルド、アナルバイブ、前立腺刺激専用のバイブなど。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーはどれくらいの時間をかけるのがベスト?
アナニーって時間的にどれくらいやるものなの?という疑問に答えています。前立腺オナニーは長めにやるのか?短めにやるのか?知りたい方は必見です。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある方や初心者の方におススメ。
アナルオナニーの前の心構え
アナニー前の心構えを紹介しています。前立腺オナニーでドライオーガズムを体感したいなら、短期的ではなく長期的な目線で行うなど。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
日用品など、身近なものでアナニーのグッズを代用できる?
アナニーでアナルの中に入れるものって…他にも代用できたりするのかな?色々と調べて調査してみました。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!
アナニーをした人の感想&口コミまとめ ※男のアナルオナニー
アナニーをした人の感想&口コミまとめを紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人、初心者の方などは必見です。
アナニーで肛門から血が出た場合の対処法について
アナニーで肛門から血が出た場合の対処法についてを紹介しています。前立腺オナニーや、アナルオナニーに興味がある人は必見!アナルの構造や、前立腺について。さらにはドライオーガズムやトコロテンの詳しい説明など。
アナニーを気持ち良くする為にPC筋(骨盤底筋)の鍛え方について
アナニーを気持ち良くする為にPC筋(骨盤底筋)の鍛え方を紹介しています。アナルの構造や、前立腺について。さらにはドライオーガズムやトコロテンの詳しい説明など。
アナニーすると肛門が緩くなって広がらない? 調査した結果
アナニーすると肛門が緩くならない?という疑問について回答しています。前立腺オナニーでドライオーガズムやトコロテンを達成したいという方は必見です。またアナルオナニー初心者の方にもおススメです。